Skip to content

Avatar Play 概要

Avatar Play のパートナーデベロッパー様向けサービスを利用することで、Avatar Play のアバターをパートナーデベロッパー様のサービスで利用できるようになります。これにより、パートナーデベロッパー様側でアバターアセットや着せ替えシステムを準備する必要がなくなり、コアUXの開発に注力できるようになります。

Avatar Play のアバター

Avatar Play のアバター

アバターの特徴

Avatar Play のアバター(以降、単にアバター)は、Mobage で培った技術とアセットがベースとなっており、次のような特徴があります。

豊富なアイテム点数

10年間で制作した帽子/髪/服/顔/アクセサリーなどの3Dアセット(以後、アイテム)は10万点を超えます。しかも、現在も作り続けています。

高品質ながら軽量

単調なアイテム群ではありません。一つ一つが商用レベルで制作され、10年以上に渡って改良され続けています。その一方で、軽量です。リアルタイム通信下でのマルチプレイにおいても軽快に動作します。

安心・安全

全てのアイテムが審査されており、どの年齢層にも親しみやすいアバターです。

どのようなアプリケーションに向いているか?

エンドユーザが1つの仮想人格を持っている、ソーシャルなゲームやサービスに最適です。一方で、多様なアバターを受け入れにくい世界観やデザインを持つサービスには適用しにくいと考えられます。

Avatar Play のシステム

Avatar Play の着せ替えアプリは単独のアプリとして存在し、それとパートナーデベロッパー様の各種プラットフォームやサービス(以降、自社アプリ)がアバターSDKを通してシステム連携することで、アバターを同期する仕組みを採用しています。自社アプリから見ると、サービス化された外部のアバターシステムを利用しているイメージになります。

Avatar Play のシステム

図の登場人物 説明
アプリ パートナーデベロッパー様が開発・運用する、アバターを利用する側のアプリです。
SDK 自社アプリに組み込むアバターSDKです。アバターをロードする機能などを搭載しています。
Avatar Play アバターの着せ替えを行うアプリ。DeNAが開発・運用を行います。

自社アプリが配信されている環境(App StoreやGoogle Play)に、着せ替えアプリとアバターSDKが対応しているかが重要です。環境毎のサポート状況は動作環境を参照してください。

アバターSDK(クローズドβ)

Avatar Play のアバターSDK(以降、アバターSDK)を組み込むことで、自社アプリ内でアバターを表示(ロード)できます。

クローズドβ版の制限

アバターSDKは現在クローズドβ版での提供につき、事前に用途をお聞きした上で提供しております。VRやVTuberなどの新興分野で活躍されている国内法人デベロッパー様を優先させていただいており、現時点での課題解決が難しい場合、提供をお断りするケースがございますのであらかじめご了承ください。

アバターSDKの特徴

低い導入コスト

UnityプロジェクトへSDKをインポートし、アバタープレハブをシーンに入れ、ロードメソッドを呼び出してください。シーンにアバターが登場します。

public class AvatarLoader : MonoBehaviour {

    // アバタープレハブ
    public GameObject avatar;

    void Start() {
        StartCoroutine(Load());
    }

    IEnumerator Load() {
        // SDKを初期化
        yield return AvatarSDK.InitializeAsync();

        // アバターをロード
        var avatarCoordinator = avatar.GetComponent<AvatarCoordinator>();
        yield return avatarCoordinator.LoadAsync();
    }
}

軽量なライブラリ

アバターをロードするだけの軽量なライブラリです。他のライブラリや認証システムなどに依存しておらず、自社サーバも不要なのでスタンドアロンタイプのアプリケーションでもご利用になれます。

自由なアバター操作

アバターをどのように動作させるかは自社アプリ側で自由に実装できます。Unityの mecanim をサポートしており、photon などのリアルタイム通信ソリューションとも連携可能です。既存のアニメーションも1万点以上準備しており、要件に適合するものを提供しています。新しく制作したアニメーションを利用することも可能です。

開発の大まかな流れ

  1. お問い合わせフォームより、アバターSDKの利用を希望して、アバターSDKを入手する
  2. Unityエディタでデモを確認する
  3. Avatar Play担当者と組み込みイメージと実現性を確認する
  4. ライセンス契約(共同研究開発合意書)を結び、アプリ登録を行う
  5. アプリを開発し、リリースする

共同研究開発合意書

VRやVTuberなどの新興分野を中心に提供させていただいているため、研究開発用途でのライセンス契約を結ばせてもらっております。詳細はライセンスの項参照。SLAが必要な場合、個別にご相談ください。

最低限の開発項目

自社アプリ側では、最低限以下の開発が必要になります。