Skip to content

クイックスタート

このページでは、Unityエディタ上でSDKのデモを動かし、自社アプリに組み込んで実機確認するところまでを解説しています。

SDKの入手

Avatar Play デベロッパートップからお問い合わせください。現在クローズドβ版での提供につき、事前に用途をお聞きした上で提供させていただいております。

Unityエディタ上でデモを動かす

SDKのインポート

SDKのUnityパッケージを入手したら、Unityエディタのツールバー Assets > Import Package > Custom Package... よりインポートします。ここでは、デモ用のフォルダもすべてインポートします。次のように、「AvatarPlay」フォルダと「AvatarPlay Demo」フォルダがインポートされていれば成功です。※ 自社アプリに組み込む際には、 AvatarPlay Demo フォルダのインポートは不要です。

SDKをインポートした後のプロジェクトウィンドウ

デモを動かす

Assets > AvatarPlay Demo > 01. My Avatar Load Demo > Scenes 内にあるシーンを開き、実行してください。ゲームビューにアバターが表示されます。

アバターがロードされる

キーボードの十字キーで移動が、スペースボタンでジャンプ、Shiftを押しながらの移動でダッシュができます。試してみてください。

実装を見る

実装を見てみましょう。シーン内のアバターは、プレハブ Assets > AvatarPlay > Prefabs > Avatar.prefab をドラッグアンドドロップしたものです。このアバターはアバターの元となるプレハブです。

シーン内のアバター

これだけではデフォルトのアバターがシーンに置かれるだけですので、スクリプトを使って自分のアバターをロードするよう実装します。対象のスクリプトは Assets > AvatarPlay Demo > 01. My Avatar Load Demo > Scripts > GameController.cs で、シーン内のゲームオブジェクト GameController に割り当てられています。

スクリプトの冒頭で、AvatarPlay パッケージをインポートしています。

using AvatarPlay;

重要なのは次の行です。

// SDKを初期化
yield return AvatarSDK.InitializeAsync ();

// 自分のアバターコーデをロード
var avatarCoordinator = avatar.GetComponent<AvatarCoordinator>();
yield return avatarCoordinator.LoadAsync();

SDKの初期化(AvatarSDK.InitializeAsync)は、アプリ起動時などに一度だけ呼び出す必要があります。この処理が成功すると、SDKを利用できるようになります。その後は、アバターのプレハブに割り当てられている AvatarCoordinator.cs を取得し、LoadAsync メソッドを呼び出してアバターが身につけている一連のアイテム(以降、アバターコーデ)をロードします。デモのシーンでは、デモ用に準備されているアバターがロードされるようになっています。

自社アプリに組み込む

アプリ登録

自社アプリに組み込む場合、事前にデベロッパー登録とアプリ登録を行う必要があります。次の情報を Avatar Play 担当者に伝えてください。

項目 説明
組織のドメイン 自社のドメインなど。管理上利用しているもののため、SDKの動作には直接影響しない。 com.example
プラットフォーム 実機が動作するプラットフォーム iOS
アプリのidentifier アプリを一意に特定するID。iOSならバンドルID、Androidならパッケージ名に指定される値。両者で異なる場合は2つとも必要。アクセストークンの管理で必要となるため、正しい値でないとSDKが正しく動作しない。 com.example.app.ios

Unityでの設定

アプリの identifier を設定した後、File > BuildSettings から実機のプラットフォームを選択し、Switch Platform ボタンを押して変更します。

Info

PC, Mac & Linux Standalone のプラットフォーム選択時もSDKを動作させたい場合、PC用の identifier もアプリ登録しておく必要があります。

実機配備

自社アプリにSDKを組み込んでロードの実装を行い、実機に配備してください。着せ替えアプリとの連携前は、デフォルトのアバターがロードされます。