Skip to content

アイテムの活用

Avatar Play では、アバターアイテムを低コストで調達し、自社アプリの中で活用できます。活用の仕方は無限ですが、一例を示します。

アイテム課金による収益化

自社アプリの中でアイテム課金販売して収益化につなげます。

ゲームのUX向上

「装着するとスピードがアップする」などの特殊効果をアバターアイテムと組み合わせることで、ユーザ体験を向上させます。

ユーザのエンゲージメント

例えばログインボーナスの特典としたり、休眠ユーザへの復帰インセンティブとして活用することで、継続率や復帰につなげます。

アイテムのライセンス

自社アプリでアイテムを利用するためには、アイテムを利用するためのライセンス(以降、単にライセンス)を取得する必要があります。取得したライセンスの有効期間中、アイテムを独占的に利用できます。ライセンスの料金と制約については、料金と割り当てを参照ください。

Warning

このライセンスは、自社アプリがアイテムを利用するための権利であり、エンドユーザは、入手したアイテムをこのライセンスとは無関係に利用できる点に注意してください。例えばエンドユーザは、自社アプリで入手したアイテムを、Avatar Play と連携する他社アプリでも利用できます。

アイテムのライフサイクル

アイテムのライフサイクルを示します。

アイテムのライフサイクル

販売中のライセンスと取得方法

販売中のライセンスリストとその取得方法は、Avatar Play 担当者に問い合わせください。将来的にはコンソール内で操作できるようになる予定です。

ライセンス中のアイテム

自社アプリ内で利用可能となり、具体的には RESTful API 経由で自社アプリのユーザへアイテム付与できる状態になります。アイテム課金やインセンティブ付与が成立した時点でアイテム付与 APIを呼び出し、ユーザの所持アイテムに加えることで機能を実現します。アイテム付与時にかかる料金については、料金と割り当てを参照ください。

ライセンス切れ

ライセンスの期限は取得から1年間有効です。有効期限が切れると、アイテム付与 API で該当アイテムを指定してもエラーが返るようになります。


最終更新日: 2019-10-21