Skip to content

Unity SDK 概要

Avatar Play のUnity SDK(以降、SDK)をUnityで実装された自社アプリに組み込むことで、アバターを表示(ロード)できます。

SDKの特徴

低い導入コスト

UnityプロジェクトへSDKをインポートし、アバタープレハブをシーンに入れ、ロードメソッドを呼び出してください。シーンにアバターが登場します。

public class AvatarLoader : MonoBehaviour {

    // アバタープレハブ
    public GameObject avatar;

    void Start() {
        StartCoroutine(Load());
    }

    IEnumerator Load() {
        // SDKを初期化
        yield return AvatarSDK.InitializeAsync();

        // アバターをロード
        var avatarCoordinator = avatar.GetComponent<AvatarCoordinator>();
        yield return avatarCoordinator.LoadAsync();
    }
}

軽量なライブラリ

アバターをロードするだけの軽量なライブラリです。他のライブラリや認証システムなどに依存しておらず、自社サーバも不要なのでスタンドアロンタイプのアプリケーションでもご利用になれます。

自由なアバター操作

アバターをどのように動作させるかは自社アプリ側で自由に実装できます。Unityの mecanim をサポートしており、photon などのリアルタイム通信ソリューションとも連携可能です。既存のアニメーションも1万点以上準備しており、要件に適合するものを提供しています。新しく制作したアニメーションを利用することも可能です。

開発の大まかな流れ

  1. お問い合わせフォームより、SDKの利用を希望して、入手する
  2. Unityエディタでデモを確認する
  3. Avatar Play 担当者と組み込みイメージと実現性を確認する
  4. ライセンス契約(共同研究開発合意書)を結び、アプリ登録を行う
  5. アプリを開発し、リリースする

最低限の開発項目

自社アプリ側では、最低限以下の開発が必要になります。