Skip to content

料金と割り当て

正式リリースされたサービスを利用する際は利用量に応じた料金がかかります。お支払いは月単位となります。本ページでの価格は、全て税抜き価格になります。

Info

β版で提供されるサービスは利用料金がかかりません。

料金

料金は大きく次の2つから構成されます。

  • 基本利用料
  • アイテム利用料

その他、導入時にあたって深い議論が必要となる場合、導入支援費がかかることがあります。詳細は Avatar Play 担当者にご相談ください。

基本利用料

Avatar Play を利用する際の基本的な利用料金です。組織のMAU(月間アクティブユーザ数)に応じて以下の月額利用料金がかかります。50万MAU以上での価格については、Avatar Play 担当者までご相談ください。

MAU 月額利用料金
〜10万 25万円
〜50万 50万円
50万以上 オープン価格

MAUは、SDK/APIの利用ログを元に、ユニークとなるアバターユーザ数を集計して算出されます。同一組織内で複数のアプリを利用している場合、アプリ毎のMAUの合算ではなく、組織全体でのMAUが適用されます。同一ユーザが複数のアバターを利用しているケースにおいても、着せ替えアプリを通して同一ユーザと識別できた場合はユニークなユーザとして扱われます。

自社アプリ内でアクティブでないユーザのアバターも表示しなければならないケースにおいては、キャッシュを利用することで、実際のアクティブユーザ数に近づけることができます。

アイテム利用料

アイテムを活用する際は利用に応じたアイテム利用料がかかります。アイテム利用料は次の2つから構成されます。

  • ライセンス料
  • トランザクション料

ライセンス料

アイテムを自社アプリ内で利用する権利を取得します。この権利を取得すると、アイテム付与APIを通してユーザにアイテムを付与できるようになります。

1アイテム1年間のライセンス料
1,000円

ライセンスは取得から1年間有効です。1年単位で延長することが可能です。

ライセンスは無制限に取得できるわけではなく、MAUに応じた割り当てが設定されています。割り当てについては、後述の割り当ての項を参照してください。

トランザクション料

ユーザへアイテムを付与する毎に、トランザクション料が発生します。

1ユーザへ1アイテム付与する毎
30円

Avatar Play では、同一アイテムを複数所持する概念がないため、既に所持済みのアイテムを付与してもトランザクション料は発生しません(付与の処理も行われません)。

無償配布時の優遇措置

制限を設けずに広範囲のユーザへアイテムを配布したい場合、トランザクション料が0円に優遇されます。以下のようなシーンでの利用が対象となります。

  • 入会時の特典
  • チュートリアルクリア時の特典
  • ログインボーナス
  • イベント参加でもれなくもらえる特典
  • 販促プロモーション(広告)における特典

上記のようなシーンでご利用になりたい場合、Avatar Play 担当者までご相談ください。

割り当て

ひと月に追加で取得できるライセンス数

ひと月に追加で取得できるライセンス数には以下の上限が設けられています。

ひと月に取得できるライセンス数
50ライセンス

この割り当てはご利用状況に応じて増加できます。Avatar Play 担当者までご相談ください。

RESTful API の呼び出し回数

組織のMAU毎に、RESTful API の呼び出し回数には以下の制限が設けられています。

MAU 月の呼び出し回数
〜10万 1.5億回
〜50万 3億回

通常はキャッシュを利用することで割り当ての範囲内で収まるはずですが、割り当てを超えたご利用を希望する際は Avatar Play 担当者までご相談ください。


最終更新日: 2019-10-21