Skip to content

UI Kit 概要

自社アプリ内での着せ替えやアイテム販売を迅速に立ち上げるために、自社アプリに簡単に組み込める画面をUI Kitとして提供しています。

ショップ

UI Kit の特徴

自社アプリと瞬時に連携

UI Kit への接続用エンドポイントを構成し、自社アプリからリンクを張ります。

シームレスな統合

エンドユーザはログインレスで UI Kit へ遷移し、利用できます。スタイルシートをカスタマイズして、UI を自社アプリのデザインに合わせることも可能です。

管理機能

必要な設定はコンソールから行えます。例えばショップであれば、アイテムのライセンス購入後直ちにショップを構成し、アイテムの並びや価格を調整して販売開始できます。

ショップの管理画面

開発の大まかな流れ

  1. お問い合わせフォームより、アバターの利用を希望する
  2. Avatar Play 担当者と組み込みイメージと実現性を確認する
  3. サービス利用申し込み書を提出し、組織登録を行う
  4. コンソールからアプリ登録を行い、アバターと UI Kit を自社アプリへ組み込む

最低限の開発項目

自社アプリ側では、最低限以下の開発が必要になります。


最終更新日: 2020-03-24